ヘルシーギャラリー

格安スマホは本当にお勧め?

最近話題の格安スマホですが、あまりにも安すぎるので何か裏があるんじゃないか?と疑問に思われる方も多いことかと思います。
そんな筆者も現在普通のスマホを利用していますが、毎月の料金の高さにどうにかならないものか、と悩んでいる次第です。

格安スマホに乗り換えるだけのメリットはしっかりあるのか、今回調査したいと思います。
まずデメリットですが、なんとキャリアのメールアドレスが持てない、とのことです。
メールアドレスが持てないと聞くと一瞬戸惑ってしまいますが、普段使うメールはGmailなどのフリーメールを使うことのほうが多いのので、実はそんなに困らないかも知れません。
また通話無料などのサービスがないうえ、30秒20円という従来の料金制が用いられるとのことです。
パケ放題といったプランも無さそうなので、よくスマホを使う方にとってはかえって料金がかさんでしまう可能性がありますね。
またショップでのアフターサービスが受けられなくなってしまうため、なにかトラブルがあった際には自力で解決することが必要となってきます。
格安スマホの現状についてはこちらを参考にしてください。

>>格安スマホ

格安スマホが向いているのは、スマホなど電子機器に強く、かつ通話をあまりしない人かもしれませんね。

成人病予防

日本人は欧米人に比べて肥満が少ないようです。
それでも、肥満は成人病の原因のひとつです。
太っている人は、元気なようにみえても40代で危機的な病気にかかることも多いのです。
脳梗塞や糖尿病など、生活習慣病といえる病気は、肥満が原因です。

 

無理なダイエットはいけませんが、肥満気味になってきたら、猶予はありません。
すぐにダイエットを始めるべきでしょう。
ダイエットの方法もいろいろありますが、まずは適度な運動を基本にすえるべきです。
そして、運動と同時に食生活を改善する必要があります。
代謝を上げるために酵素を摂取するのもおすすめです。
酵素飲料は基礎代謝をUPして燃焼効率を促進してくれると言われています。

入院してわかった健康の条件

一度大病すると、何が健康か具体的にわかります。
病院では可能な限り規則的な毎日を送るようにシステム化されていますから、余計にそれを感じるようになります。
入院していると、「健康とは活動すること!」だと感じます。
活動とは様々なものがあります。
寝ること。
食事すること。
そして、人と会話する、コミニュケーションを取ること。
簡単にいえば運動することです。
動かないほうが楽、ずっと寝ていたい。
そのセリフは健康だから言えるのであって、もし、実際そのようになったら、本当に運動がしたくなります。
生き物は、寝ること、食事、エネルギーを補給すること、そして運動することができてはじめて健康なのです。
また適度な疲労感も健康であるための条件なのです。
普段私たちは労働や学習をしていますが、これらは健康であるための条件でもあるのです